ゴールデンレトリーバー、ラブラドールレトリーバーなど大型犬用品専門店 アイアンバロンからのお知らせ
アイアンバロン・スマホ支店(スマートフォン用サイト)はこちら 》
更新情報通信販売のご案内お客さまの個人情報についてあいばろくらぶ入会最短お届け日チェックご注文内容の確認
《送料改定のお知らせ》
ヤマト運輸の送料改定に伴い、2017年10月1日出荷分より
お買い上げ1万円(税別)未満の場合の送料を 全国一律 600円(+税)とさせていただきます。
ご注文内容の確認

アイアンバロンサプリメント> オメガ脂肪酸と犬のアレルギーと皮膚炎について

オメガ脂肪酸と犬のアレルギーと皮膚炎について

【オメガ脂肪酸とは何か?】

食餌で摂る脂肪は、三個の脂肪酸と一個のグリセロールが結びついたものです。
脂肪酸にはたくさんの種類があり、どうゆう脂肪酸でできているかによって脂肪の種類が違ってきます。
大きく2つに分けると、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に大別されます。

脂肪酸は炭素と水素が手を結んで鎖のように長く繋がって、その鎖の一方の端に酸素元素が2個ついた構造になっています。そして、酸素元素がついているほうの端をデルタ・エンド、もう一方の端をオメガ・エンドと呼んでいます。
飽和脂肪酸では炭素原子はすべて水素と結び合っていますが、不飽和脂肪酸では水素と結び合っていない炭素があり、その炭素は炭素同士で結び合っている箇所が何ヶ所かあります。
これを炭素の二重結合と呼び、オメガ・エンドから見て、最初の二重結合が9番目と10番目の炭素で起きているものをオメガ9、6番目と7番目で起きているものをオメガ6、3番目と4番目で起きているものをオメガ3といっている。
不飽和脂肪酸にはこのオメガ9、オメガ6、オメガ3の三つに大別されます。(表1)

例えば、オメガ6では基になるのはリノール酸で、これは植物性食品に含まれています。食餌でリノール酸を摂ればそれを基にして、体内で矢印の方向にオメガ6の脂肪酸をつくり出していくことができます。また、肉・卵・乳製品を食べると、アラキドン酸を直接摂ることができます。

オメガ3では基となるのはアルファ・リノレン酸で、これも植物性食品に含まれています。
そして、アルファ・リノレン酸を摂れば、体は必要に応じて、やはり矢印の方向の代謝経路を経てEPAやDHAという重要なオメガ3脂肪酸を作り出すことができます。
また、魚などは、海藻やプランクトンンに含まれているアルファ・リノレン酸から食物連鎖を経過しながら、矢印の方向の代謝によってEPAやDHAを作り出しているため、魚を食べることによって直接EPAやDHAが入ってくることになります。

(表1)不飽和脂肪酸と体内での代謝経路(
    18:1ω9              
オメガ9   オレイン酸              
(多く含んでいる
 油)
  オリーブ油
キャノーラ油
             
    18:2ω6   18:3ω6       20:3ω6  
オメガ6   リノール酸 ガンマ・リノレン酸 ジホモガンマ・
リノレン酸
プロスタグランジン I
(多く含んでいる
 油・食品)
  紅花油・ひまわり油・
ぶどうの種油・ごま油・
コーンオイル・大豆油・
綿実油
  月見草油・黒すぐり油   20:4ω6   
            アラキドン酸 プロスタグランジン II
ロイコトリエン(4)
              肉・卵・乳製品
    18:3ω3   18:4ω3   20:4ω3   20:5ω3
オメガ3   アルファ・リノレン酸 オクタデカ・
テトラエン酸
エイコサ・
テトラエン酸
EPA(エイコサ
ペンタエン酸)
プロスタグランジン III
ロイコトリエン(5)
(多く含んでいる
 油・食品)
  亜麻仁油・しそ油・
ククイノキの種油・
緑色野菜・海藻・豆類
  黒すぐり油・魚     魚    
          22:5ω3
              ドコサペンタエン酸  
※炭素原子数:二重結合の数           魚      
※注:わが国ではメチル基(オメガ・エンド)のCH2をN、次のCH2をN-1、その次のCH2をN-2・・・と順に呼ぶことから、オメガ3はN-3系列、オメガ6はN-6系列と呼ぶ。     22:6ω3  
    DHA(ドコサヘキサエン酸)  

それぞれの脂肪酸の数字は左が炭素原子数、右が二重結合の数を表しています。
矢印の方向の代謝によって、鎖が長くなり、二重結合の数も増えていきます。
全身の細胞は不飽和脂肪酸によって細胞膜を作っていますが、脂肪酸の鎖の長さと二重結合の数によって、細胞膜で果たす役割が違ってきます。
それぞれの細胞が最も望ましい脂肪酸を選んで細胞膜を作ろうとしているので、その要求を満たす食餌が良い食餌となるのです。
また、オメガ6とオメガ3の3つの脂肪酸は、ジホガンマ・リノレン酸からIシリーズのプロスタグランジンをアラキドン酸からは II シリーズのプロスタグランジン、EPAからは III シリーズのプロスタグランジンが作られますが、体の正しい調節のためには、原料となる脂肪酸の均衡が必要となってきます。
II シリーズのプロスタグランジンと III シリーズのプロスタグランジンの不均衡から多くの健康上の問題が生じてきます。

プロスタグランジン(PG):
血圧降下、気管支収縮、子宮収縮、血管の収縮又は拡張、免疫抑制、利尿等その生理作用は多岐にわたる。ホルモンとよく似た働きをするが、生体の局所のみで作用することから、局所ホルモンと呼ばれる。
【オメガ3とオメガ6のアンバランス】

オメガ3とオメガ6によって作り出される調整物質のプロスタグランジンとロイコトリエンの作用は出産時の陣痛から血液の粘度、炎症まで広範囲にわたっています。
アラキドン酸は生体膜の流動性を高める役割がありますが、アラキドン酸から作られるIIシリーズのプロスタグランジンは炎症を激化させるので、オメガ6のみ多量に摂取する食餌ではアトピー-性皮膚炎の症状の激化や関節炎の痛み、大腸炎では腸内層の腫れを引き起こすといわれています。
逆に、EPAから作られるIIIシリーズのプロスタグランジンは炎症を鎮めるので、皮膚炎から関節炎、喘息、腸炎、疥癬、血管にいたるまで広範囲の炎症を抑え、症状を改善するといわれています。
IIIシリーズのプロスタグランジンとIIシリーズのプロスタグランジンは正反対の作用をするので、オメガ6とオメガ3のバランスのとれた食餌が何よりも大事です。

ロイコトリエン:
喘息発作やアナフィラキシー(抗原抗体反応が引き金となって起こる激しい過敏反応)を司る物質として発見された、一群の生理活性物資。
気管支や肺抹消気道の収縮活性、白血球活性化などの作用を持つ。
【オメガ3脂肪酸の可能性】

1999年メリーランド大学共同研究・情報委員会主催で開催された医学ワークショップによると、植物油、植物食品や魚に豊富に含まれているエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)のオメガ3系必須不飽和脂肪酸を摂取することが、心臓病、免疫関連疾病、精神病、運動障害に有効であるとの各種の研究結果が発表され、また、オメガ6系脂肪酸の摂取量とオメガ3系不飽和脂肪酸の必須脂肪酸の摂取量のバランスが崩れていることが指摘されました。
更に、この他、肥満の改善のために脂肪の摂取を減らすことおよび低脂肪の食事をとることは重要であるが、この際においてもオメガ3系の不飽和脂肪酸は減少させるべきではないこと、妊娠時、授乳時におけるオメガ3系脂肪酸の摂取は子供の発育に重要であること、養豚、養鶏、魚類養殖などでオメガ3系不飽和脂肪酸の含有量を増加させた餌を使用することは、養殖対象動物の健康を促進するばかりでなく、養殖動物体内中のオメガ3系不飽和脂肪酸の含有量を増加させる効果があることなども発表されました。

オメガ3系不飽和脂肪酸の研究が進むにつれ、多様な効能が発見されてきましたが、このワークショップにおいて発表されたオメガ3系不飽和脂肪酸の各疾病に対する効能についての研究結果の概要は次の通りです。

  1. 心臓病に対する効能
    心臓の冠状動脈疾病、不正脈発生による死亡率を著しく減少させる。血圧、脈拍数の低下、血液中の脂肪の低下による心臓発作を予防、
    血栓の形成の防止。
  2. 幼児の視覚機能、集中力、理解力の向上
  3. 出産後の憂鬱などの躁病、精神分裂症、躁鬱病の回復
  4. アレルギー・皮膚炎、リウマチ関節炎などの免疫関連疾病の防止
  5. 肝臓移植の際の拒絶反応に対する軽減
  6. 癌細胞増大、転移の阻止(動物実験段階)
【オメガ3脂肪酸を多く含む食品】
オメガ3・オメガ6・オメガ9源となる植物油
植物性食品の脂肪酸組成 オメガ3 オメガ6 オメガ9 飽和脂肪酸
アルファ・リノレン酸 リノール酸 ガンマ・リノレン酸 オレイン酸
亜麻仁油(フラックスシードオイル) 58 14   19 9
しそ油 30 40      
ククイノキノ種油 29 40      
かぼちゃの種 0-15 42-57   34 9
くるみ 5-13.3 51-61.2   15,2-28 10.3-16
大豆 7 50   26 15
キャノーラ油 7 30   54 7
小麦胚芽 5 50   25 18
米ぬか 1 35   48 17
月見草油   72 9 11 8
紅花油   75   13 12
ひまわり油   65   23 12
ブドウの種油   72   17 12
ごま油   45   42 13
オリーブ油   8   76 16
(可食部100g中)g    日本食品脂溶性成分表抜粋
いわし丸干し 5.7  
すじこ 5.2
まぐろ脂身 5.2
さば 3.8
いしもち 3.6
ぶり 3.4
うなぎ蒲焼 3.3
まいわし 3.3
さんま 3.3
身欠にしん 3.3
【犬と脂肪酸】

前述のようにオメガ6とオメガ3脂肪酸のバランスが必要ですが、特にオメガ3脂肪酸の摂取が犬にとっても免疫機能の向上として重要です。
また、体の成長、キズの治癒の促進、正常な肝機能のためには、オメガ6脂肪酸、特に動物性、植物性のリノール酸(ガンマ・リノレン酸)を充分に摂取することが必要となります。
犬もリノール酸(ガンマ・リノレン酸)を体内代謝で、アラキドン酸に変換することができ、アラキドン酸は犬の皮膚や被毛を健康に保ち、正常な生殖機能をもたらしてくれます。
オメガ3脂肪酸を多く含んだ食べ物によって、細胞壁の構成に違いがでできます。その結果、細胞は炎症を起こしにくくなってきます。いずれにせよオメガ6とオメガ3脂肪酸をバランスよく与えることが必要です。

【犬のアレルギーと皮膚炎】
●アレルギー
アレルギーは虫刺され、特定の食物や薬、ダニ、花粉、カビそして人間のフケなどの老廃物が犬のアレルギーを引き起こす原因になります。
皮膚炎、湿疹、大腸炎、花粉症、関、下痢や嘔吐などを含める様々な犬の健康障害には、アレルギー反応が関連していることが少なくありません。
人間の花粉症に代表されるアレルギーが年々増加傾向にあるのと同様に犬にもこれと似た減少が増えています。

ダニのフン、蚤の唾液、人間の老廃物などのアレルゲンが犬の体内に取り込まれると、免疫機能が刺激され、IgEと呼ばれる抗体をあやまって生成します。
アレルギー反応を起こしている犬の体内で、IgEは「肥満細胞」と呼ばれる特別な免疫細胞受容体に結合し、そこから皮膚や胃や腸の内壁、肺や気管に移行します。
IgEは肥満細胞にヒスタミンなどの炎症性化学物質を撒き散らし、アレルギー反応を引き起こします。

アレルゲンから犬を遠ざけるのが最も有効な治療法ですが、その他、ヒスタミンについては、抗ヒスタミン剤によってコントロールが可能ですが、その他の化学物質については抑制が難しいとされています。
最近では、ロイコトリエンが化学物質の拮抗剤として効果があるとされています。
また、オメガ3脂肪酸の細胞レベルでの効果、腸内での肥満細胞の縮小のために高用量の投与をすすめる米国の獣医師が増えています。また、皮膚アレルギー疾患では頻繁なシャンプーがすすめられます。
犬の被毛がカビや花粉のようなアレルゲンを集め易いためでもあります。
犬の皮膚から排泄される老廃物や唾液には特殊タンパク(CanF-1)が含まれ、このCanF-1によるアレルギー反応を起こす人がいますが、やはり、定期的に犬を洗浄し、長毛種はトリミングをして、CanF-1濃度を下げることが必要です。
 
●皮膚炎
皮膚炎は感染症、蚤やダニ、アレルギー反応と関連しているケースが多いと言えます。
炎症は修復過程の普通の現象ですが、度が過ぎるとさらなる皮膚障害を併発することもあります。
皮膚の「肥満細胞」が過剰に増加すれば、若い犬のように、肥満細胞の腫瘍となります。蚤やダニに刺された場合の皮膚炎は二次的に細菌感染に繋がることもあります。

人間と同じように現代の犬の住環境はダニの繁殖に適した環境下にあります。
機密性が高く、高温多湿で、ダニの繁殖に適した環境で、犬も生活する時間が長くなっています。
その結果皮膚のかゆみ等のアレルギー反応を訴える犬が増えています。
血液中の好酸球はアレルギーや寄生虫によって増加し、攻撃相手を逆にして、体内組織を攻撃するようになり、ダメージを受けた細胞から化学物質を流出させ、皮膚のかゆみを引き起こします。

皮膚の感染症としては、細菌やカビ゙によるもの、皮膚糸状菌によるもの、咬傷や引っ掻き傷による「のうよう膿瘍」、表皮の部分的な感染症の「ホット・スポット」、イーストの感染症であるマラセシア、ブドウ球菌による皮膚の感染症があります。
【犬のアレルギーとオメガ3脂肪酸】

オメガ3脂肪酸はアレルギー反応を抑制する働きを持っています。藻類はオメガ3脂肪酸を多量に生成し、これは、海洋動物の体内組織の形成に役立っています。
魚や藻類にはナチュラルなオメガ3脂肪酸が豊富に含まれており、これらはアレルギー反応から犬を守る有益な食物になります。
また、地上の植物、それを食べる動物にはオメガ6脂肪酸が高い比率で含まれています。

【オメガ3脂肪酸の注意点】

オメガ3脂肪酸は酸化しやすい脂肪酸なので、体内のビタミンEを減少させることがあります。
オメガ3脂肪酸の酸化を防ぐために抗酸化ビタミンのビタミンEが消費されます。
このためビタミンEを適宜摂る必要があります。また、その保管には冷蔵保存が望ましく、低温下におくほど酸化から免れます。

 
資料提供:ネイチャーベット
■オメガ3・オメガ6を含む商品
 ●ネイチャーベット「アースリアーマー」
 ●ネイチャーベット「グルコサミン DS」
 ●アークナチュラルズ「ロイヤルコート」
 ● 太平洋産天然サーモン
 ● 海の恵(Fish4Dogs)

  サプリメント商品リストへ  

   ⇒マーキングって?
アイアンバロン商品メニュー
介護用品・看護用品
犬のおやつ
大型犬用ベッド・マット・ケイジ
大型犬用の首輪・リード
大型犬のおもちゃ
犬用のサプリメント
犬の食器・水筒
犬のノミ・ダニ・臭い対策
犬のシャンプー・グルーミング用品
犬用のブラシ・はさみ・爪切り
犬のお手入れ・衛生用品・ケア用品
犬のトイレ・サニタリー
人用雑貨・ステッカー
季節用品(夏/冬)
防災用品
新商品・おススメ商品
アイアンバロン オリジナル商品
ハロウィン
犬の暑さ対策
9月のおススメ♪
ご注文内容の確認(買い物かごの中身)
検索
  • あいばろくらぶ写真館
  • けいじばん
  • あいばろモデルわんクラブ
  • ご近所(駒沢)ドッグカフェマップ
  • りんく
  • サイズの測り方
  • 通販のご案内
  • 店舗のご案内
  • ふぉーぱぴー
  • もいもい成長日記
  • おしえてエリザベス
  • ワンちゃんの「人間年齢換算」早見表
  • Facebookアイアンバロン
  • アイアンバロン スマホ支店
  • レトリーバー専門生活雑貨SHOP「アイアンバロン」
お問い合わせはお電話で 03-5752-7117
店頭にてご試着・ご試用・ご試乗が可能な商品の一覧
Photoレビューの投稿はこちら
9月のお休み
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
10月のお休み
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
この色がお休みです
定休日:毎週火曜・水曜
営業時間:11時〜19時
    
お支払方法 手数料 出荷日 送料
●代金引換 クロネコヤマト代金引換 300円(+税)
※10,000円(税別)以上は無料
即日または翌営業日

クロネコヤマト
全国一律
500円(+税)
※2017年10月1日より
600円(+税)

※10,000円(税別)以上は無料

※沖縄・離島への大型商品のお届けは、別途送料がかかる場合がございます。

●クレジットカード クレジットカード 無料 即日または翌営業日
●コンビニ決済
 (前払い)
コンビニ決済 200円(+税)
※10,000円(税別)以上は無料
入金確認後、即日または翌営業日
●銀行振込
 (前払い)
ジャパンネット銀行 振込手数料は
ご負担下さい
入金確認後、即日または翌営業日
※営業日の午後4時ごろまでのご注文分・および入金確認分は、即日発送いたします。(毎週火曜・水曜は定休日のため、木曜発送) 
※開封後の商品は、使用・未使用にかかわらず返品できません。 詳しくはこちらをご覧下さい⇒
商品についてのお問い合わせはお電話で・・・03-5752-7117  定休日:毎週火曜日・水曜日 営業時間:11:00〜19:00
更新情報通信販売のご案内お客さまの個人情報についてあいばろくらぶ入会最短お届け日チェックご注文内容の確認特商法に基づく表記

「BLOND FAIRY」はアイアンバロンのオリジナルブランドです。「アイアンバロン」および「IRONBARONS」は有限会社アイアンバロンの登録商標です。このウエブサイト上の画像および文章を無断で転載・引用することは、法律で禁じられています。
(C) IRONBARONS All Right Reserved.

アイアンバロン・スマホ支店(スマートフォン用サイト)はこちら 》

ゴールデンレトリーバー・ラブラドールレトリーバーなど大型犬用品ならおまかせ
レトリーバー専門生活雑貨ショップ「アイアンバロン

154-0012 東京都世田谷区駒沢5-19-10 TEL:03-5752-7117 FAX:03-5752-7118  E-mail/ ironbarons@retriever.co.jp